NEW POST

小さい焚火ブーム

こんばんは

本日2件目
日曜日は何も用事作りませんでした。疲れたくないし。
:来週の仕事の関係

いつも通り8時過ぎて目が覚めて、カーテン越しに空を見ると雲なし。
ヤル気出ました。

と言うか、とにかく焚火がしたい。

キャンプファイヤーとかの大きいのでなくて、ソロストーブの小さな焚火。

マメに面倒(薪)見ないと消えちゃうようなの。
火も制御できそうなサイズでインパクト少ない(地面とか他人)のと
そのサイズのおかげで準備も撤収も早いので気に入ってます。


で、炊飯がしたい。

炊飯とか調理は絶対ガスやアルコールの方が便利なんですよね。
だけど、焚火にはただ火を眺める時間ってのがある。

楽しいんです。小さい焚火。。


そんな訳で「今から浜に焚火をしに行きます」「炊飯もします」宣言から
30分ほどで準備(オレだけなら5分。と言うか車にセット積んでます)


組み替えたばかりのタイヤを汚して辿り着いた浜は天気は良いけど風が強め…
だけど車を壁にしてベースを作ったら大丈夫そうだったので決行です。。
d0265207_9592680.jpg

ただ、着火安定までは苦労しましたね。
いつもフェザースティックを作って普通のライターですぐ着火して
ソロストーブに放り込んで薪をくべたらボッと炎上がるんですが
まずライターが点かない。スティックに移らない。燃える前に消える。

などを繰り返したので秘密兵器のエスビット(固形燃料)を着火剤にしたりも。
そのエスビットに着火できないって言うね…

頑張りました。
=====
ホントはライターでなくマッチとかファイヤスターターでアナログにやりたいので
準備は色々(ストーブもガスからアルコールまで)持ってるんですけどね。
=====
d0265207_100834.jpg

何とかこんとか着火して、安定したところで炊飯開始。
で、もう1台のソラも点火しようと夢中になってたら失火(炭だけ)してるんだこれが。
てのを何回か繰り返し、何か面倒になって切り上げた炊飯は…
柔らかいのに微妙な芯を感じるって言う。失敗です。初めての失敗です。

でも食べられるレベルでカレーかけたら美味しかったです。。
まぁ良しとする。


朝食後も片づけてから小さな焚火してマッタリしようと思ったけど、
また点かないし風が冷たかったので諦めました。


そしてfatbikeは出しもしなかった。。



あとは洗車しに行ったり、そば食べに行ったり。
100均で焚火セットに追加する道具買ったり。


そんな日曜日



じゃ
[PR]
by kmbike | 2016-06-07 18:58 | ソロキャン部&散歩登山 | Comments(0)

「自転車は好きだけど漕ぐのはキライ」な かず.の話。


by かず.