NEW POST

山時計の高度校正について

こんにちは

購入した山時計が
高度を気圧から換算するタイプなので、
出社して毎度同じ位置に居ても高度が違っています。
:それは気圧の関係だから問題ない
なのでハザードマップってやつを見つけて
会社の高度は5mくらいって判ったので都度校正しています。

しかし実際に登山に行く際はまず自宅で校正したい。
:登山口に必ず高度が表示されていると限らないので。
なので会社で校正した後に 自宅の高度を確認しようと思いました。

ところが、会社で校正してから自宅に移動すると気圧も変化して
高度が ?になるってので
まずは、高度と気圧の関係を考える事にしました。

1気圧は 1013.25hpa
大ざっぱに1hpa変動すると高度計で
標高0㍍~1000㍍までは9㍍
標高1000~2000㍍では10㍍
標高2000~3000㍍では11㍍
3000㍍以上       12㍍
変動するそうです。

これを考慮して、
標高が判明している位置で高度を調整してから高度を知りたい所に行った際、
高度変化に合わせ気圧変化を見る事で概算で高度測定は可能ではないかと。

==例==
A地点で1000hpaで5mだったものが
B地点で-4mであった場合、
気圧が1000hpaであれば純粋に9m下がったが
もしも1001hpaであればそれは見かけで実際は5mのままと見ていい。
=====
ただ PROTREKの気圧は 時計の中の測定は細かかったとしても
表示には小数点が無いので1hpaの変化のうちに9m分が含まれます。
:1000hpaのままでも0-8mまで変化するって事。
これが、小数点第一位まで表示されたら
0.1hpa≒1mって感じで見られたんだけど、まぁしょうがないですね。

これで一応の目安は出来ました。



と、ここまで書きましたが、マピオン。ネットの地図サービス。
これ、標高が出ます。これで調べると会社5m自宅6m

d0265207_11562645.jpg

※パワードbyマピオン

今度行く予定の塩谷丸山は駐車場の所で50mって判ります。
上記をしっかり読んで頂いたみなさんには申し訳ありませんが、

無駄です。


知っていて損は無いけど、マピオンさんなら一発です。。


まぁ、登山中の高度確認には気圧の考慮もした方が良いので無駄ではないですかね。。




そんな感じ。

じゃ
[PR]
by kmbike | 2015-07-09 12:51 | ソロキャン部&散歩登山(装備 | Comments(0)

「自転車は好きだけど漕ぐのはキライ」な かず.の話。


by かず.