NEW POST

真のアドベンチャーを学ぶ。

こんばんは。


ここは ”おか”アドベンチャーを推奨する、頑張らない自転車の楽しみ方を

たまたま辿り着いた方々に発信するブログです。。




しかし、今回は 真のアドベンチャーを学んでみたのです。
d0265207_21502829.jpg


昭和45年の サイクルスポーツで。

・・・えぐい。  今年、なんだか記念物だかになった
富士山頂
登っちゃってるんですけど。

ランドナー担いで。。バッカじゃん?
他にも 色々アドベンチャーしてますけど、なかなかやるなぁ先人。
って感じです。


あとこれ。
d0265207_21533816.jpg

フェンダーが無ければ、はがきを咥えるのだ!


いやいや、先日 ベンダーフェンダー買いましたから。。

10数グラムの軽量フェンダーですから。着けっ放しでも大丈夫です。
※フロントはカッコもいいので いいですが、リアは外しますよ。

ちなみに、ベンダーフェンダー(フロントフォークに取り付ける)ですが、
熊脂には問題ないですが、ついでに着けたPugちゃんは オフセットフォークなので
左側のフォークとタイヤにクリアランスが狭いです。

なので、先日 深雪の中で乗った時に 雪が擦る音がして煩いので 走行1mで取っちゃいました。

もともと、Pugちゃんは フレームバッグのボリューム(サイドの広がり)がフェンダー代わりになるので
必要ない。と思ってますから問題なし。 あくまでついでで買っただけ。
※ただ、ヘッドの下ワンを泥などから守るのに有効だと思うのですが・・・

熊脂は フレーム形状でバッグがフェンダー効果にならないので必須です。



そんな感じ。


じゃ




余談。
先日、タイヤ交換しました。
d0265207_2274517.jpg

で、ふと写真撮ってきたのを見てて気が付いたのですが。

この熊脂のホイールは純正のオリジナルカラーリムが気に入らなくて組みなおしてます。

で、タイヤを組み替えた時は 
当然、タイヤのロゴと、リムのロゴだったりバルブ位置だったりを揃えますよね。

さらに、写真を撮る時は 基本的にロゴが良い感じになるような位置に調整してます。
なので、バルブ位置は 真上か真下に来るんです。

そこで、気づいたこの写真。ハブのロゴがハッキリ見えますよね。
どういう事かって、組み直す時に ちゃんと バルブ位置とロゴが良い感じになるようにしてる。
そう言うことです。 今まで意識してなかったので、初めて気が付きました。

「当たり前でしょ?」ってSHOP経営をしている人や 好きで自分で組む人は思うのかも?
けど、この当たり前を 当たり前に実行しているのがPROだな。って思った訳です。

たまたまだったらどうしよう? なんて思ったり?

PROに頼んで良かったな。って思えるのが、いい事なんです。



余談の余談。
タイヤ交換する時って、FATBIKEに必要な道具は ポンプだけです。
レバーとか要らない。

エア抜いて、リムとタイヤの嵌りが凄いので、ぐいーってやってバコッて外したら
あとは、簡単です。大変なのは そのあと。エア入れる時。

オレは 基本高くても10PSI(0.7気圧)だから そんなに たくさんエア入れなくていいんですが
タイヤ交換した時は 2気圧まで入れないといけません。

なぜならビードがちゃんと上がるように。 それが大変・・・
しかも、上がったらすぐ 抜くって言う。

筋肉痛ですよ。もう

※5PSI程度で妥協してても 走ってるうちに上がると思いますけどね。たぶん


[PR]
by kmbike | 2013-12-16 21:50 | others | Comments(0)

「自転車は好きだけど漕ぐのはキライ」な かず.の話。


by かず.