NEW POST

ありがとうPugsley

今日はオレの 自転車遍歴です。

子供の頃は 普通の子供自転車でした。
小学校の時は ウィンカーの付いた自転車
トップチューブに5段変速の付いたスーパーカーみたいなのを買って貰いました。

中学入学時は お祝いと称してロードマンを買って貰いました。
ただ、その辺りでおかしくなったのか、
泥よけもキャリアも外し、ジャックナイフの練習とかし始めてました。
あの、捩れるだけの補助レバーみたいのをギュッと握っては転けてました。

今のShopに通うようになったきっかけは高校に入ってすぐ
小学校の恩師に「マウンテンバイクって知ってるか?」と聞かれたことでした。

当時、たまに遊んでくれた恩師の友人がShopを始めると言うことでした。
「知ってるよ!買おうと思ってるもん」当時サイクルスポーツを読み込んで
遠目のカラーリング等で メーカーと車種、価格も言えるほどのオレには渡りに船。

開店日に すぐに選んだのがHAROの ライトブルーにブラックでスプラッシュな柄。
その際に「差額でパーツを替えてあげるよ」と言ってくれた店長。
喜んで、オレは毎週のように地下鉄に乗っては店に通い、あれこれ迷ってました。

そんな事を やってる内に
「こんな派手なカラーじゃ 飽きが来るんじゃないか?」と、
ふと、思ってしまったオレは 突然mongooseのブラックに変更を申し出ました。
店長は 嫌な顔ひとつせずに 交換してくれました。

結局、そんな事をしている内に、紹介した友人達の方が先に納車になったりして
開店から ひと月、もしかしたら ふた月経ってやっと納車されました。。

それからは 毎週のようにmongooseで通ってました。用事もなく。ただ行くだけ。
店長の仕事をただ眺めるだけだったり 友人とゲームをしているだけ。とか
今思えば、金にもならない邪魔をしてましたね。。

ホイールなんかも階段に突っ込んで曲げたりして、
せっかく店長がスペシャルに作ってくれたスポークに捻りを入れたホイールも
2週間経たずに 駄目にした時に「あぁ・・・もう無茶は止めよう」と思ったものです。

次に買ったのはBMXでした。BULLYと言うブランドにあこがれ
:ビデオで見たライダーが乗っていたのがBULLYでした。
Shopに置いてなかった ウグイス色を買おうとしていましたが
入荷がなかなか無く、在庫の赤(青だったかな?)にしようとしてましたが
学生のオレが簡単に買えるような値段でもないので(バラ組だったので15万円はみてた)
お金貯めようとしてたら 貯まる前に売れちゃいました。
d0265207_2058920.jpg

やっと貯まって買おうとした時は在庫も日本在庫もなく、どうしようかな。と思ってたら
「BMXRIO(東京のShop)で日本に持ち込んだ3本のCPフレームを譲って貰おうか」となり
ハワイのBikeFactory→BMXRIO→SAM'SBIKEと経由してオレの元に。
もう輸送費だけでフレーム価格になってるんじゃない?って感じです。
d0265207_20574112.jpg

この後に Shopが今の場所に移転しました。。

そこからは 楽しく乗る感じで
ストイックでもなく プラプラしてる感じで。

お店に行っては ビデオ買ったりTシャツ買ったり。
「自転車が好きってよりも、店の雰囲気が好き、むしろSAM'Sが好き」
たまに店頭の自転車にビビっと来るモノを買ってしまう・・・感じでした。

車両としては、最初から
mongoose/BULLY/SCHWINN/SnowScoot/GT/KONAhotrod/Cannondale
と、抜けがあるかも分からないくらい、買って乗らない客でした。
d0265207_20585287.jpg





ところが・・・あるキッカケでこれも憧れていた(走れるのを買おうとして決めた)
BADBOYを買いました。これで走る!と思った訳ですが・・・


納車の翌週に「surly来るから来てね」と店長に言われたのが運の尽き?
何を思ったか参加してしまい そして見てしまったのです。極太の自転車を。


そして、縁あって今のpugちゃんがオレの元にきました。

そこからのオレのPugsley大好き熱は 日を追う毎に強くなり、
今は休日と言えば ちょっとだけでもPugに乗ってます。
普通に自転車が好きな人には想像以下の距離でしょうが、
毎年100kmも乗らなかったオレが 今年は500kmを超えたと思われます。

あんなに念願でだったBADBOY。
今年は一度も乗ってません。それどころかバイクタワーにかかったままです。
:手放しても良いと思っています。誰か買ってくれる?
:ついでに言うとKONAHotrodもGTも手放して良いです。

Pugsley自体の魅力 エアボリュームも勿論ですが、
「周りの人も 楽しくなる自転車」だと思います。。
子供も大人も みんなが声をかけてくれます。コミュニケーションツールです。

Pugsleyに乗るようになり Shopにも頻繁に行くようになりました。
顧客No.1として 今だ通っていますが、年に数回や1年開いた時期もありました。

Shopに頻繁に行くことで よく会う人やPugに乗る人Surlyに乗る人とも話すようになり
その繋がりで 色んな遊びにも参加するようになりました。
:Shop以外でも 自転車仲間が出来て 行動的になったのも言うまでもなく。

今まで色んな自転車を乗りましたが
オレには「PugsleyがBest1」なのは間違いないです。。

大げさでなく、Pugsleyを作り出してくれたSurlyに感謝します。
そして、Surlyを扱っていてくれたSAM'SBIKEに感謝します。


誰にもPugsleyが一番だとは思いません。
たくさん色んな自転車を楽しめるのが 最高だとも思います。
けど、

「これだけでも良い。」と思える自転車に出会ったオレは幸せな自転車人生です。

オチ:
そうは言っても 見ると欲しくなるのは自転車好きのサガってやつですか。。


なんか どこかで同じようなこと書いてた気もするけど、
先日のSurlyツアーに参加して 再度 思い返してみました。

この先は自転車は増えないかもしれません。
けど、KRAMPUSを買っちゃうかもしれません。
:その為に他の自転車をどうにかしようと思ってるのは間違いなく

だけど、オレにはこの先もPugsleyが一番なのは変わらないと思います。

Pugsleyに出会えたオレの自転車人生は順風満帆です。。



じゃ





と、言う日記の為に 今日はShopに BULLYとHOTRODの写真を撮りに行きました。
2台とも久しぶりに 出しました。乗りました。。かっこいいな。

HOTRODはバラしてしまおうと思ったので クランク外しの相談をしたら
「あれ、これISISですね」と。※BBシャフトの規格です。

そう、オレはPugのクランクがTRUVATIVなのが気に入らなくてRACEFACEにしたかったのですが
規格がちょっとメンドくて 替えられずにいたのです。それが手元にあったと言う。

「灯台もと暗し Pugsleyいとおかし」ってやつですね。。


なので、昨日の日記「完成形」はさっそくですが、撤回です。
d0265207_2151637.jpg

こうなりました。。
ただ、交換して乗るまで 「替えれる嬉しさ」で忘れていたクランク長が 短くなって違和感・・・
※のちに実は同じ175mmと判明
そこを考えてなかったなぁ。と、ただ、ROTORの楕円リングの効果は わかりやすくなりました。
d0265207_21201085.jpg

あとは ガレ場なんかを走るPugとしてはHitしにくくなるって事で ふさわしい。って事で
よほど乗りにくかったら 戻すことにして しばらくはこれで。と思いました。


今、ShopにはたくさんのFatbikeがあります。
d0265207_21165897.jpg

なので、instagramなどで勧誘し 試乗の日として活動しました。

すると友人が来て 近くの公園に行って遊びました。

ひと通り走って満足すると、「出遅れた・・・」って残念がってたライダー。
行きましたよ。老体に鞭打って。。

d0265207_2118662.jpg

彼は ちょうアグレッシブなライダーです。リスの様にずっと走り続けていました。。

自転車の動きや、セクションの使い方を観察して 勉強になりました。

とは言っても、2回も公園に行ったので ぐったりです。。その間に Shopに友人がきてましたが
「行って来てイイよ」と言うのが精一杯。。


朝もShop開店時間より早かったので ひとりで散策したので もうお腹いっぱいでした。
d0265207_212142100.jpg

この公園は初めて行きましたが 面白かったです。。

それ以外にも お初の 黒Pug乗りの方とかSurly乗りの方とかいっぱい話をしました。。


やっぱりPugだな。


d0265207_2127776.jpg

Fatbikeを並べてあそびました。



じゃ
[PR]
Commented by hase at 2012-08-05 09:01 x
昨日はお話できて楽しかったです。
pugの出会いに感謝です。
今度、ラルマナイ連れてって下さいね。
Commented by かず。 at 2012-08-05 09:10 x
>haseくん
ついて走ると疲れるけど、見てて楽しかったです( ´ ▽ ` )ノ
また遊びましょう。。
by kmbike | 2012-08-04 21:33 | MyBikes | Comments(2)

「自転車は好きだけど漕ぐのはキライ」な かず.の話。


by かず.