NEW POST

「廃線ライドとタウシュベツ」

この日記は この間行ってきた
「廃線ライドとタウシュベツ」をテーマにした おかアドベンチャーです(*'(ω)')ノ

連休にどこかへ行こう。と思い、前々から行きたかった
タウシュベツ橋と言う 廃線になった鉄道のコンクリート橋梁を見に行くことだけ決めて出かけました。

↓画像をスライドショーにしたもの

↓思いで日記

糠平湖へ。

まずは「自転車で廃線の散策路を走って問題無いか」 と言うのを観光案内所に聞きに行きました。
「え?お客さんの走れる?がどのくらいか分かりませんが走れないですよ」
「いや、押したり担いでも良くて、走る事が禁止じゃないか?って」
「あぁ!それなら大丈夫です。居ないですけど禁止じゃないです」
ってやり取りをした後に、
まずコンクリートアーチ保存の会の  http://www3.ocn.ne.jp/~arch/
mapを買いに 鉄道資料館へ行って再度
「走ってもいいですか?」
「え?無理だと思いますよ・・・」
「いや、禁止じゃないですか?」
「それは大丈夫です」ってやり取りをします。。
こっちはエコトロッコ用のレールがあるので それがOKかを聞くために。

:その前に大雪山資料館にも行きました。
※昆虫とかの標本がそれです。

レールの敷いた道中は
枕木がなかなか大変だったけど、途中から脇を走ったのですんなりです。
程なくトンネルで行き止まりだったので 戻ります。
その途中で上の車両通行止めの道から散策のおじちゃんが居たから
そっちに。。良い道。分岐で林道あったからそっちにもスライド。
d0265207_16435578.jpg


これまでに見たのが、シマリス。
鹿の骨皮筋えもん。をなんかしてたキタキツネ。

全長8kmの散策路は 廃線跡なので走りやすい所もあるけど
トンネル内は立ち入り禁止で それを迂回するルートは自転車では厳しかったので
パッチワーク的に走れる所を漕いで 行けなくなったら車に戻り移動。
次の行けるところで また漕ぐ。と言う形をとりました。

途中、橋の下で ご飯を食べていると 足もとから 50cmほどの所が10cmほど崩れました・・・
ビビりましたね~。木が落ちていったんですから。
まぁ、落ちても2mほどなので死なないだろうけど 動けなかったら誰もこなそうな場所・・・



旧ほろか駅の所で 
観光バスのドライバーに「ドライバーを貸して」と言われたので 余ったのをあげました。
d0265207_16441766.jpg

その後、目的のタウシュベツ橋へ。
林道を4km 事故の為に車両通行止めになったのでそこは 徒歩か、ツアーでないと行けません。 
ここで、目的であった林道をPugsleyで行きました(*'(ω)'*)ゞ

d0265207_16443620.jpg

で、ツアーの人とカチあってタウシュベツ橋の話を横でチラリと聞き 先に帰路へ。
結構頑張ったからか ゲート近くでツアーバスに追い付かれ そのおかげでゲートを開けてもらいました。。


細々ながら林道やなんやら24km走り だるくなった足を癒しに 温泉に。
案内所で聞きました。
洞窟風呂に入って、また案内所でおしゃべりして(今後の糠平観光)
やる事が無くなったので ふと帯広方向へ行きます。

ばんえい競馬を見て、インデアンカレーを食べます。
ここで、翌日の目的を決めました。。貰ったガイドで 他にも廃線があると知り

新得の「ぽっぽの道」を行こうと新得へ移動です。この日はそこで宿泊する事にして。
http://www.karikachi.org/heritage/

しかし、新得に着いた時点で 道の駅が無い事に気が付きました。
しかたがなく隣の鹿追へ。ん~金曜も鹿追だったのに。2連泊

疲れもあって21時には寝ました。で、起きたのは7時。早起きです。

前日、夜から雨が強かったので 
「今日は漕ぐのは無理だな。」
「まぁ、狩勝峠も初だから 走る(車)のを楽しみながら帰ろう。」

と、移動を開始します。新得の そばの里へ
ここは ぽっぽの道利用の時に 駐車場を使ってとなってたので どんな感じか見ておこうと。
軽く写真を撮り 車で狩勝峠へ 5合目程まで行ってから

「いや、いつもの野幌じゃ これくらいでも走るじゃん」
「おかアドベンチャーとしてイイのか?これ」
「オレが走って雨が降るのか?」などが入り混じりUターン。

そばの里アゲイン。
ぽっぽの道は10km  そばの里はスタートから約4km
まず、スタートのSL広場へ向かいます。ほぼフラット。
シカや ワシ(タカかも?)に遭遇して のんびり漕いで。
そこで 朝パンを食べ ぽっぽの道スタート
d0265207_16445971.jpg

ここも整備がいいので おすすめです。ただ、道沿いに国道も見える序盤。
しかも、すぐ隣に ライトダートな農道も並走しているので そっちを走ります。
同じ道を戻るのじゃつまらないので。でも、ぽっぽは整備でフラットだけど 農道は多少↑↓ありです。

そばの里も越えて徐々に登りへ。レンガ造りのアーチ橋や
まりも事件の橋など見て 上がっていくと国道から離れた山の中へ

高度があがったら フレッシュに大きなう○こや 鹿の足跡。
フレッシュを避けながら 漕いで漕いでゴール。3合目だった。

そこには寝台や歴史を見れる資料館(と言うか車両そのもの)があり
見学、当時の寝台もあったので ちょっと横になって休みました。。

満足して帰りは下り。楽。あっと言う間に車へ。


その後は ちょこちょこ寄り道をしながら車移動を楽しんで帰宅しました\('(ω)') イー!!



充実した週末を過ごしました。。


じゃ
[PR]
by kmbike | 2012-06-20 22:06 | おかアドベンチャー(糠平 | Comments(0)

「自転車は好きだけど漕ぐのはキライ」な かず.の話。


by かず.